PU!MA!

ぷまめ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

襲われたマルチーズちゃん・・・

ハッスルしてたまめ。
IMG_5977_convert_20091028111827.jpg


ですが・・・

日曜日、Huntingtonへ。

ちょっと肌寒かったけどお天気が良かったので沢山の犬たちがいました。


相変わらず、Beachは強面系の犬達の多いこと。

ピットブル、私はこのピットの容姿がどうも苦手で恐怖心を捨てきれない。 
いや、ピットで穏やかな子に度々出会うこともあります。
でもやはりヨダレをたらしながらアグレッシブな感じで駆け寄ってくると、思わず『ぷまめが喰われる!!!!』と警戒してしまう。 偏見かな。(ピット飼いの方、スミマセン。。。)



でも子供のピットってすっごくかわいい。 
私がもっともコワイと思ってしまう、しましま虎柄のピット。の赤ちゃん。↓IMG_5980_convert_20091028111937.jpg

この子はとってもなつっこくてぷにぷにしてて、どーか凶暴なピットにはならないでね・・・と思いました。

ちなみにこの子、ぷまめより体が小さいのに手はまめの手の倍以上の大きさ。
あっという間に立派なピットブルになるんでしょう~ね~





ところでこの後、

私たちの目の前でボクサーがマルチーズを襲う場面に出くわしてしまいました・・・。

最初にボクサーがマルチーズを追いかけたとき、マルチーズの飼い主がマルチーズをすぐに抱き上げたのにも関わらず、それでもボクサーは抱き上げられたマルチーズにアタックしていました。

ボクサーの飼い主は必死でボクサーを引き離し押さえつけ、ボクサーを殴る殴る・・・


あ~、大事に至らないでよかった・・・   って安心していたのも束の間、  

マルチーズの飼い主さんがボクサーがつながれているのを確認したあと、ちょっと距離をおいてマルチーズを地面に下ろし歩き始めた直後、なぜかボクサーの飼い主、リーシュをまた放し、ボクサーはクルッと回ってマルチーズめがけて猛突進!

あっという間にマルチーズを捕まえ、その瞬間 『キャンキャンキャンキャンキャンキャン・・・・』と物凄い悲鳴。   


ボクサーの飼い主、必死で駆け寄り、ボクサーを殴りまくってマルチーズから引き離そうと必死。

マルチーズの飼い主さんも必死・・・


回りも騒然。 



無事に引き離したものの、マルチーズは相当ショックだったのか?痛いのか?その後も暫く泣き喚いていました。


犬の悲鳴が聞こえた時、周りにいた犬達もそこへ駆け寄ろうとし、その飼い主さんたちも必死で自分たちの犬を捕まえて押さえつけてました。 


その後、そのマルチーズはどうなったのかわかりません。 
どうかどうか無事であって欲しいと願うばかりです。



一部始終を見ていた私。 


震えました。



たまたまそのボクサーよりちょっと離れていただけの私たち。 少し先を歩いていたらぷまめが襲われていたかも・・・



そのマルチーズちゃん。

その少し前にぷまめともご挨拶をした子で、とっても大人しくフレンドリーで飼い主さんの足元から離れずきちんと歩いていた子でした。 

どう考えても、ボクサーに問題あるかと・・・



DogParkなら小型犬と大型犬に分かれているのであまり心配はないけど、DogBeachは分かれていないし大型犬がかなりアグレッシブに遊んでいるので、本当に気をつけなければいけない、と改めて思いました。

あっ、おおすけ。

もう来ないよ・・・・。 と 言ってました。    

そう思ってしまうほどビビりました。



今までBeachで大型犬同士の流血の喧嘩は何度かみましたが、ぷまめより小さいマルチーズが襲われたのはかなりショックでした。

一度あんな興奮状態になったボクサーをまたすぐに放してしまった飼い主。 
なぜ放してしまったのか・・・
理解できません。


本当に考えさせられる出来事でした。





同じボクサーでもMAXはほんとに優しいんですけどね・・・・
スポンサーサイト
  1. 2009/10/29(木) 05:17:32|
  2. ワンコ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。